三河和婚物語

神社 > 豊川

豊川稲荷

豊川稲荷

■住  所/愛知県豊川市豊川町1
■収容人数/~40名
■挙式料/¥200,000(仏式)

豊川稲荷(とよかわいなり)は、愛知県豊川市にある曹洞宗の寺院。
正式の寺号は妙厳寺(みょうごんじ)。
詳しくは「円福山 豊川閣 妙厳寺」(えんぷくざん とよかわかく みょうごんじ)と称する寺院です。
境内に祀られる鎮守の稲荷(吒枳尼天)が有名なため、一般には「豊川稲荷」の名で広く知られています。
豊川稲荷は神社ではないものの、商売繁盛の神として知られており、境内の参道には鳥居が立ち、
日本三大稲荷の1つとされ、多くの参拝者が訪れます。


八幡宮

八幡宮白鳳時代に、大分県の宇佐八幡宮から勧請された社で、奈良時代に入って三河国分寺が造立されると、その鎮守の神となり人々の尊崇を受けました。
現在の本殿は、文明9年(1477)に建立されたもので、室町期の神社建築の特徴をよく表現しており、明治40年に国の重要文化財に指定されています。

■住  所/豊川市八幡町本郷16
■収容人数/~60名
■挙式料/¥80.000
■浦安の舞/¥10.000

八幡宮

■お問合せ・ご相談、ご来店予約はお気軽に!
TEL:0120-174-802(フェアリーブライダル)
【ご来店予約フォーム】http://www.mikawakon.com/raitenyoyaku
【お問い合わせフォーム】http://www.mikawakon.com/contact


菟足神社(うたりじんじゃ)

兎足神社(うたりじんじゃ)菟足神社は、延喜式にも名を連ねる古社です。
菟足神社の起源は、第21代雄略天皇の御世に穂の国の國造(東三河の国司)が平井の柏木浜に社を造り奉祀していたものを、神のお告げにより、686年(天武天皇の御世・白鳳15年)4月11日に秦石勝(はた いわかつ)によって現在地に遷座されたものといわれています。江戸時代になると、徳川家康から神領95石が寄進されるなど、歴代将軍の崇敬も篤かったようです。

■住  所/豊川市小坂井町宮脇2
■収容人数/~50名
■挙式料/¥50.000(雅楽なし)

兎足神社(うたりじんじゃ)兎足神社(うたりじんじゃ)

■お問合せ・ご相談、ご来店予約はお気軽に!
TEL:0120-174-802(フェアリーブライダル)
【ご来店予約フォーム】http://www.mikawakon.com/raitenyoyaku
【お問い合わせフォーム】http://www.mikawakon.com/contact