三河和婚物語

神社 > 豊田

猿投神社

sanagejinjya
■住  所/豊田市猿投町大城5

■収容人数/~30名
■挙式料/¥50000(雅楽なし) 雅楽応相談

猿投神社は豊田市の北端にそびえる三河の名峯猿投山の麓に鎮座する古社である。
創始は社伝によれば仲哀天皇元年勅願により現在の地に祀るとある。猿投山の東峯に東宮、西峯に西宮を祀り、本社、東宮、西宮を総称して古くより猿投三社大明神と厚く崇敬されれて来ている。
神階は文徳天皇仁寿元年(851)に従五位下、陽成天皇元慶元年(877)従四位下に叙位している。以後記録は絶え、昇叙について明確なことは判らないが、社蔵神号額(嘉元2年=1304)には「正一位猿投大明神」とあり、三河国国内神名帳にも「正一位猿投大明神」とあるので、正一位に昇叙したことが判る。
社格は延喜の制(967)では国幣の小社(三河国26座、賀茂7座)で、一宮制が施行されるや、砥鹿神社、知立神社についで三河三宮と称された。明治の新制度では、明治5年県社に列し、広沢天神社(延喜式内社)塞神社、小猿投社を合祀した(昭和になり広沢天神社は再び広沢の地で祀られるようになる)。

■お問合せ・ご相談、ご来店予約はお気軽に!
TEL:0120-174-802(フェアリーブライダル)
【ご来店予約フォーム】http://www.mikawakon.com/raitenyoyaku
【お問い合わせフォーム】http://www.mikawakon.com/contact


松平東照宮

IMG_7334
■住  所/豊田市松平町赤原9-1
■収容人数/~40名
■挙式料/¥50000(雅楽なし) 雅楽応相談

松平東照宮に現存する水濠や石垣は、松平太郎左衛門家九代尚栄によって関ケ原の合戦のあと築かれました。
はじめは、八幡宮と称して松平家の屋敷神でした。1619 年( 元和5 年) 家康を合祀し1965 年( 昭和40 年) 親氏公を合祀しました。 松平太郎左衛門家は、大正初期までこの地に居住しました。

■お問合せ・ご相談、ご来店予約はお気軽に!
TEL:0120-174-802(フェアリーブライダル)
【ご来店予約フォーム】http://www.mikawakon.com/raitenyoyaku
【お問い合わせフォーム】http://www.mikawakon.com/contact


豊田市コンサートホール・能楽堂

日本の心 時空を越えた美の世界へ

~ 能楽堂 ~

お二人が誓いをたてる檜の香り漂う神聖な舞台
能舞台で行う荘厳で格調高い結婚式
古きよき日本文化
古典絵巻のような華麗で印象深い結婚式を。。

能楽堂

豊田市コンサートホール・能楽堂
愛知県豊田市西町1丁目200番地 豊田参合館8階

■お問合せ・ご相談、ご来店予約はお気軽に!
TEL:0120-174-802(フェアリーブライダル)
【ご来店予約フォーム】http://www.mikawakon.com/raitenyoyaku
【お問い合わせフォーム】http://www.mikawakon.com/contact


拳母神社

拳母神社

■住  所/豊田市挙母町5-1
■収容人数/~40名
■挙式料/¥50000(雅楽なし) 雅楽応相談

拳母神社は1189年、源義経の家臣鈴木重善が「子守明神」を勧請し祀ったことが始まりと伝えられています。
境内には樹齢650年と言われる大楠があり、豊田市の天然記念物に指定されています。
境内は拝殿の他、神輿殿・本殿・社務所と子守稲荷があり江戸時代には「子守大明神」とも呼ばれていました。
明治4年から「拳母神社」と呼ばれるようになりました。

拳母神社拳母神社拳母神社拳母神社拳母神社拳母神社

■お問合せ・ご相談、ご来店予約はお気軽に!
TEL:0120-174-802(フェアリーブライダル)
【ご来店予約フォーム】http://www.mikawakon.com/raitenyoyaku
【お問い合わせフォーム】http://www.mikawakon.com/contact